FC2ブログ

食う、寝る、遊ぶ、時々書く。

日常と趣味を好き勝手に書き綴る自由奔放日記

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

ブロとも申請フォーム

EIKO GO! in Fall Guys 

前回の記事、久しぶりの投稿なのに思い切り愚痴ってしまいましたね。

お見苦しかったかもしれません故、申し訳ありませんでした。



久しぶりにpixivに投稿しようとパソコンとスキャナを起動し、作業用BGMに……とYoutubeを開いたら、私の大好きな芸人・狩野英孝がゲーム実況の生配信やってるではないか! ということですべての作業を放棄して全力視聴開始!

もう終了間際でしたが、残りだけでも観ようと……お、「Fall Guys」ではないか。

まるでアクションゲームを実写化したような昭和のバラエティ番組っぽいものを、さらにゲーム化したようなこの作品。
見たことないけど「風雲!たけし城」っていう番組に近いのかな?
自分の見たことある番組で近いものというと……「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー」とかにこんなゲームがありそうだな~的な。
今の番組で言うと「SASUKE」に近いのかね?



詳しいルールをまだ知らないんだけど、オンライン上で様々なプレイヤーと競い合い、アトラクションのような障害物を攻略してゴールにたどり着く……みたいな感じだと思います。

私もやってみたいな~とは思っていたのですが、プレイ画面みていると思った以上に難しそうで……。

狩野氏もこの日が初プレイだったいうこともあり、かなり苦戦しておられました。
同じ障害物に何度も引っかかったり、他のプレイヤーに邪魔されたり、果てはゴール目前で墜落したり……。

ゲーム内容ももちろんですが、狩野氏の天然というか素のリアクションも良い味となり、親近感を持って実況を楽しめますな。



……とここまで書きながら、先ほどの動画を最初から視聴しております。

これ以上作業をほったらかすのもあれなので、聴きながらぼちぼち始めよう……。

自分も「Fall Guys」やってみたいな。

狩野氏の実況もまた拝見したいです。
がんばれベニー!!
スポンサーサイト



pixiv新機能ダッシュボードについての愚痴 

pixivの作品管理画面が見づらくなった……。

ダッシュボードとかいう新しい、かつ訳のわからない機能が、個人的には邪魔でしかない。






今までは、「作品管理」という項目名をクリックすると、今まで投稿したイラストのサムネイル画像と簡単な数値データが、数が多い場合には数ページに分かれて表示された。

サムネイル画像の下に小さく閲覧数、ブクマ数、いいね数、コメント数が小さく添えられ、それがタイル状に敷き詰められたような状態で表示され、1画面で16から20? くらいまでのサムネ画像&数値データが見渡せた。
サムネ画像をクリックすれば、さらに詳細なデータがでてきた。

古い作品を見るにはいちいち順番にたどる必要などなく、古いページ番号をクリックすればよかった。



……それで充分だった。






ところが新しい管理画面はどうだろう。



「作品管理」の後釜におさまった「ダッシュボード」とやらいう項目名をクリックすると最初に出てくるのは、今まで投稿した作品の簡単なデータ……ではなく、次の4項目だ。



「最近投稿した作品」……3作品のサムネ画像と閲覧、ブクマ、いいね、コメントの各数値データ。ちなみに数値が増えたら『+数字』という青文字でリアルタイムに更新される。
「合計リアクション数」……今まで投稿したすべての作品の数値データ(閲覧、ブクマ、いいね、コメント)の総数。
「ブックマーク数トップ3」……今まで投稿したイラストのうち最もブクマ数が多い3作品を表示。
「募集中のコンテスト」……現在募集中のイラストコンテストを紹介。



これ、要らんだろ。

要るんだとしても、なんで作品管理画面に入る前に1回このページを挟まなければいけないのか。
せめてページの片隅にでもおまけ程度に載せときゃいいのに、なぜわざわざ管理画面入口の玄関口のど真ん中に居座っているのか、意味がわからない。

リアクションなんて、今までのように画面右上の赤い数字で、新しくいいねとかブクマがついたことを知らせてくれるだけで充分だったわ。



そこで「作品」という項目をクリックして初めて、今までで言う「作品管理画面」に入ることができるのだが、そこに広がる光景も首をかしげたくなるものだった。

イラストのサムネイル画像と簡単なデータが並んでいることだけは変わらないのだが、そのデータ量と表示形式が大幅に変更されているのだ。

まず画面の左端に、サムネイル画像が縦一列に並んでいる。
そのサムネイル画像を先頭に、横一行のスペースをたっぷり使って数値データが書き込まれているのだ。
そのデータというのが、今までの閲覧数、ブクマ、いいね、コメントに加え、投稿日時の日付、枚数(マンガ形式にしたときのページ数)、ランキング順位、イメージレスポンス数、挿絵使用数と大幅に増えた。

正直、今まであった4項目以外いらんだろ。
そういう詳細なデータは、サムネ画像をクリックした先で分かればいいんじゃないだろうか。

あとで知ったが、不必要な項目は非表示にできるらしい。それは助かったが……。



それでもカバーしきれない使いづらさがある。






イラスト1つ分のデータ表示に横1行まるまる使ってしまったがために、サムネ画像一覧表が異様に縦長になってしまった。



先刻述べた通り、以前までは1画面で16から20ほどのサムネをいっぺんに表示できていたが、今後同じ数のサムネを閲覧しようとおもったら3~4画面ほどスクロールしないといけないのだ。



そしてこれも先ほど言った「古い作品を見るにはいちいち順番にたどる必要などなく、古いページ番号をクリックすればよかった」ということだが、これは投稿作品数が多い場合、複数ページに分かれて管理されていたからできたことだ。

今後は違う。

いっぺんに表示できるデータの一番下までスクロールすると、その都度古いデータが読み込まれ表示されていくという形式に変わってしまったのだ。

つまり一番古い作品のデータを見ようと思ったら、一番古いデータが見つかるまでスクロールさせ続けないといけない。
これは作品数が多ければ多いほど大変で、まだ試していないので不明だが、おそらく後の方になればなるほど表示済みのデータが増えて重くなって、読み込みが遅くなるのではないかと推測する。



作品管理画面のサムネ一覧表はもっとコンパクトにしたほうが見やすくなるのでは……つまり、以前の方が良かったのではと思えてくる。






そして、ある意味一番驚いたのが、このダッシュボード機能を使うことがほぼ強制だったことである。

きょう久しぶりにpixivにログインし、その時に画面に現れたのが、ダッシュボード機能を実装しました的なことを伝えるメッセージウィンドウだった。

このウィンドウ、消すことができなかった。

加えてこちらに与えられた選択肢は「チュートリアルを見る」「詳しく見る」の2つだけだ。
「今は使わない」とか「後で見る」といった選択肢を探したが、なかった。






pixiv運営の方々は一体どんな自信を持ってこの機能を提供してくださったのだろう。

どこがどう改善されて、どう便利になったというのだろう。

新たな試みが見られて、面白いと感じる人も少なくないとは思うが、個人的には「使いづらくなった」以外の感想が見つからない。
「こんな機能あったら楽しいんじゃないか、便利なんじゃないか」を運営なりに考えてくれたのかもしれないが、今回の仕様変更はユーザー視点からの見方や想像力が足りなかったのではないかと思う。



試しにTwitterで「pixiv ダッシュボード」で検索したところ、やはり圧倒的に異を唱える意見が多かった。
自分の胸のうちを代弁してくれるような意見も多く、荒れた気持ちが少し和らいだ。



願わくば、pixivの管理画面が以前の仕様に戻らんことを……。

いや、今の表示形式がいいって人もいるだろうから、使いやすい形式を選択できるようにしてくれんかな……。


太鼓の達人 

ポッ拳とナムコクラシックコレクションが撤去されてからしばらく足が遠のいていたゲームセンターだったが、最近また太鼓の達人にハマり始めた。
好きな曲のリズムに合わせて思い切りバチを鳴らすのは楽しく、ちょっとした運動にもストレス解消にもなる。

私がさほど難度の高くないアニソンを筋肉痛の恐怖と闘いながら必死の形相で叩く一方で、涼しい顔した手練れの猛者がボカロかナムコオリジナルかなにかの曲にのって怒涛のごとく押し寄せる「ドン」と「カッ」の大群をひとつ残らず叩き潰し、当たり前のように何百コンボを決めていたりする。
初心者も気軽に楽しめて、エキスパートにも刺激を与える、非常に間口が広くて奥が深いゲームなのだろう。
自分はあまり高みを目指さず、仕事帰りにフラッと寄って1プレイくらいの感覚で楽しもうと思う。

ちなみに昨日、トイザらスでSwitch版の「ポッ拳」買った(^^♪
早く遊びたいな。


降ったり止んだり 

久しぶりにゲーセンへ。
密を避けてか、客数が少なかった。
自分もヒノアラシのぬいぐるみひとつゲットしてすぐ店を出た。

以前はぬいぐるみを取ると店員さんが「おめでとうございまーす」と言いながら袋をくれたが、当然今はプラごみ削減のためにそれはなくなっている。
今までのくせで「袋もらおう」との考えが頭をかすめかけて、それはゲーセンも例外ではないのだと思い直した。
頭のどこかでしみついていた「くれて当たり前」という意識を捨てなければと思った瞬間だった。



今日は降ったり止んだり降ったり止んだり晴れたりまた降ったりとまる一日まったく落ち着かない天気。

天気予報は新聞でしか見なかったが、それによると一日くもりマークで降水確率30%。
今朝の天気からしてそれはないだろうと疑っていたら、案の定……。

帰りに近所の川をのぞくと、嵩を増して濁った水が物凄い速さで流れていた。
あんな中に落ちたらまず助からないだろう。
命を落とす危険性は、家から歩いて5分以内の場所にもある。
自然の力を甘く見るもんじゃないと改めて感じた。

NO 携帯 

またもや、ものすごくお久しぶりです。

SNSってほんと、ハマるときと飽きるときの落差が激しいですね。
自分が気まぐれなだけかもしれませんが。



それはさておき。



携帯電話が壊れてしまったことは以前に書きましたが、じつはいまだに壊れたままで、ほぼ誰とも連絡の取れない日々が続いております。

故障が発覚した当時はコロナによる緊急事態宣言真っただ中だったもので、携帯の買い替えにはオンラインサービスの利用が推奨されており、自分もそれを視野に入れて購入を考えていました。
しかしまだ携帯は電源が入るので使えないことはない、つまり急ぐことはなかろうとのんびりオンラインショップで物色しておりました。



そんな時、突然電源がはいらなくなりました。



電源ボタンを長押ししても無反応、良くて「WAIT A MINUTE」の表示は出るものの数秒後に電源が落ちる状態でした。
つまりまったく起動できない。
これは急がねばならぬとオンラインショップでお目当てのiPhoneを決め、カートに入れたものの購入に進むためのボタンが見当たらない。

オンラインショップで購入するには、dアカウントに電話番号を登録する必要があると理解したのは、その時でした……。

登録するには、ある程度必要事項を記入した後、その電話番号にSMSでセキュリティコードが送信されるので、それを入力する。
つまり、登録に必須なセキュリティコードを確認するには、携帯を起動して、受信メールボックスを開かなければいけない。
ところが今の私の場合、携帯の電源が入らない……。
それすなわち、今の私はオンラインショップを利用することができない。



最悪の結末です。



せめて電源が入るうちに登録だけでもしておくべきだった。
それ以前に登録方法くらい確認しておけという話なのですが、時すでに遅し。

自分で蒔いた種、いやむしろ種をまき忘れたとでも言うべき大失態でした。



オンラインが使えないなら直接店頭へ行くしか……いやできればオンラインで済ませたい。コロナ怖いしお店の人と対話するの苦手だし、何とかならんかと調べていると、あるサービスを発見。



「携帯電話修理サービス」!!!!!



なるほど修理か。
とにかく電源さえ入るようになれば万事解決なのだ。これしかない!
と思いさっそく依頼メールを送信。返信に書いてあった手順に従い、携帯を発送。
しばらくは携帯が手元になく不便な生活を送ることになるが、それももうしばらくの辛抱だ。それを乗り越えた先には、輝かしく新しいiPhone生活が私を待っているのだ……などとよくわからないテンションを抑えつつ、待つこと2週間ほど。

業者から届いた報せはまたしても私を絶望のドどん底に突き落としたのであった。



「メイン基板の破損により、修理不可」



最悪の結末 Part2



こんなそっけない書き方ではありませんでしたが、要約するとこういうことでした。
とりあえず修理を試みてくださったので、点検作業代として代金だけは支払うことに。
業者さんからは「お力になれず……」と謝罪の言葉をいただきましたが、いやいや力も頭も足りなかったのは誰あろうこの私です。
携帯の管理不足とか、買い換え時期の目安などの知識不足とか、非の打ちどころしかない私の責任であります。

メイン基板とやらの破損ということは、どこの修理業者に頼んでも同じであろう。
ではもう直接店頭に出向くしかない……のだが。



緊急事態宣言が解かれ、携帯ショップも通常営業に戻ったものの、どうにも足が向かない。

長いこと天候が荒れて外出ができなかったというのももちろんありますが……。



なんだか、携帯の無い生活に少しばかり慣れてしまって、携帯を買いに行くのが億劫になってしまったのです。



もともとそんな頻繁に連絡しあう友達少ないしなぁ……。
でも緊急の連絡ができないのは困るし、同人印刷所とのやりとりもあるので創作活動にも必須だから、近いうちに買わねば、とも思うのですが。

最近長いこと荒れてた天候は、もう落ち着いたのかしら。
来店予約だったら早めに入れたほうがいいかな……。
あぁめんど。



同人で思い出しましたが、冬コミも中止ですね。
また感染者が増え始めましたし、開催地が東京ということも考えると妥当な判断です。
コロナ出てけ! 楽しいコミケよ帰ってこーい。